ホーム > 投稿
information 校友会からの情報
授業NO.039「しんぶんかいじゅう」

授業No.039
授 業:「しんぶんかいじゅう」
対 象:藤沢市善行小学校1年2組27名
日 時:2011年11月月24日
今回の授業では、事前授業で「こんなかいじゅうがいたらいいな」というテーマで児童が描いた27匹のかいじゅうを、関口先生が組み合わせて1匹の絵にしました。それをもとに新聞紙とガムテープを使って大きな大きな「善行ドラゴン」をつくりました。
「あまりにも大きい」「あまりにもたくさんある」といった「過剰性」をキーワードに制作する講師の世界観に触れると共に、絵が立体になることで夢を実現させることを味わい、大きな立体をつくることを通して、圧倒的な量の新聞紙はじめ素材を体感しました。
講 師:関口光太郎(造形作家’06彫刻卒業)

2011.11.24 thu. 08:40~09:25
作品紹介・善行ドラゴンのお話
視聴覚室に集まった児童が大きな声で講師の名前を呼ぶと、講師の彫刻作品「海がすきな男」を抱えた関口先生が登場しました。
最初に作品紹介を行いました。作品は新聞紙とガムテープでできていること、大きな作品をたくさん作っており、高さ4メートルを越える作品では、展示の会場でクレーンを使って組み立てたそうです。

次に事前授業で「こんなかいじゅうがいたらいいな」というテーマで児童が描いた絵が発表されました。空を飛ぶことができたり、身体の色がカラフルだったり児童が自分でつけたかいじゅうの名前も1匹1匹とても個性的です。

続いて27匹のかいじゅうを、関口先生が組み合わせて1匹に描いた「善行ドラゴン」が発表されました。自分の絵がどこに使われているか、みんな夢中で探します。
関口先生が紙芝居を使って、善行ドラゴンを紹介しました。
「善行ドラゴンは江ノ島の海に住んでいて、空を飛びます。
今日は、善行小学校へ空を飛んでくるそうです!」

ですが善行ドラゴンは長い間水から出ることができないそうです。そこで、関口先生が用意したコモンスペースの新聞紙の海へ、みんなで移動することになりました。
コモンスペースに着いたら、担任の森先生が紙芝居の続きを読み始めます。
善行ドラゴンの後には、いもむし鬼という子どもを食べてしまう悪い虫が追いかけてくるそうです。

と、その時、森先生が二階の窓を指さします。
そこには、「いもむし鬼」がいるではありませんか。
どうやらこちらに向っている様子です。児童はいもむし鬼に気づかれないよう、新聞紙の海に隠れました。

「悪い子はいねかー!!我輩は、いもむし鬼だ!善行ドラゴンが、小学校へ行くと聞いて、ついてきた。先回りして、子どもを食べにきたぞー!だれもいないなー。よし!5時間目にまた来よう!」いもむし鬼が行ってしまうと、新聞紙の海から児童が顔をだします。 いもむし鬼が去って、関口先生が帰ってきました。
「善行ドラゴンは、強いです。いもむし鬼を、追い払ってくれます。
みんなで、さっきのいもむし鬼より大きな、大きな善行ドラゴンを5時間目までにつくりましょう!」

9:30~10:15
善行ドラゴンづくり(全体の肉付け)
善行ドラゴンの制作が始まりました。新聞紙を何枚かあわせてまるめ、ガムテープで巻いてとめ、大きな塊を作ります。この塊を木の角材でできた善行ドラゴンの骨組みにガムテープでとめていきます。今回は布ガムテープを使うため、児童が手でテープを切ることができるのかと心配していましたが、最初はおぼつかない手つきの児童も回を重ねる度にどんどん上手になりました。友達と協力しながら、作業を進めます。30分後には、骨組みが見えないほど肉付きのよいかいじゅうが出来あがりました。
この後、関口先生の描いた善行ドラゴンの絵を見ながら、足や背中のトゲなど細かい部分を作り、身体に貼りつけました。

10:35~11:15
善行ドラゴンづくり(模様つけ)
今度は茶色の布ガムテープの上に、色ガムテープやカラーマスキングテープを貼って、善行ドラゴンの身体に模様をつけていきます。とてもカラフルな善行ドラゴンに変身しました。

11:25~12:10
善行ドラゴンづくり(仕上げ)
続いては、ドラゴンの背中に乗せたいものを作ります。新聞紙に色ガムテープを使い、ハンバーガーや果物、アルパカや猫、卵が入った箱など、思い思いのものが完成しました。

13:10~13:55
発表会
完成した全長約4メートル、高さ約2mの大きな大きな善行ドラゴンをみんなで鑑賞しました。
ドラゴンの背中には、食べ物や動物など、さまざまなものがたくさん乗っています。
両耳には、携帯電話もついていました。
「そういえば・・・」と関口先生。
「いもむし鬼が5時間目にもう1回来ると言っていました。パトロールに行ってきます!」
関口先生がいない間、森先生と児童はいもむし鬼が来た時に備え作戦を練ります。
節分の鬼退治のように新聞紙で豆を作り、善行ドラゴンの後ろに隠れて待つことになりました。しばらくすると、声が聞こえてきました。

「悪い子はいねかー。」再び現れたいもむし鬼にむかって、児童がいっせいに豆をなげました。すると、いもむし鬼が泣いてしまいました。森先生がおにぎりを差し出し言いました。
「いもむし鬼、子どもを食べるのは止めなさい。おにぎりの方がおいしいよ」
「ごめんよー、子どもを食べるのは止めて、おにぎりにするよ。ほんとうは皆と仲良くしたかったんだよ」
みんなと握手して仲直りしたいもむし鬼は、手をふりながら江ノ島に返って行きました。そして、いもむし鬼と入れ違いに、関口先生がパトロールから戻ってきて1日のまとめのご挨拶をして集合写真を撮影しました。

「まとめ」
限られた時間の中で、大人顔負けの大きなドラゴンを作りきる1年生のパワーに、圧倒されっぱなしの一日でした。善行ドラゴンといもむし鬼のストーリーの中で、空想と現実とを自由に行き来したり新聞という素材やその圧倒的な量を体感する、そんな楽しい時間になりました。
完成した善行ドラゴンは、関口先生の動物の作品や原画、紙芝居とあわせ、12月13日(火)までコモンスペースに展示され、他の学年やクラスの児童先生方、保護者が鑑賞できるようになっています。

講師 関口光太郎 氏(造形作家/’06彫刻)
授業を受けてくれた1年2組のみんなは、まだ生まれて6年しか経っていないので、知識量は大人に勝てません。でも、大人よりはるかに優秀なエンジンを搭載した体と、新しいことを毎日のように吸収する新鮮な頭を持っています。そんなみんなに提示するのは、ファンタジーと現実を行き来し、素材と体全体で遊び、友達と協力して大きな形を作り、さらに好きなものを作って自分だけの個性を発揮し、最後には紙芝居の世界から出てきた悪~い「いもむし鬼」と仲直りするという、ウルトラC級に体と頭を働かせる必要がある授業。始まる前は、みんながこれをクリアできるか不安だったのですが…それは杞憂に終わりました。今回の授業が、これからの人生で、みんなの素晴らしい頭と体をどんなふうに使うかという、一つの参考になれば良いなと思っています。そして私も、みんなの前に一日だけ現れた「変なおじさん」として、せめてみんなの10分の1くらいのスピードで、成長できたらなと思いました。