ホーム > イベント
 現在、開催期間中の情報
event 展覧会・イベント情報
展覧会 2020.12.07〜2020.12.19
井上洋介 個展 - 境界 -
出品者:井上洋介(’08 院油)
日 程:2020年12月7日(月)〜2020年12月19日(土)
休廊日:日曜・祝日
時 間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)
……………※ 状況により時間変更等の可能性がございますので最新の情報は幣廊HPやFacebook等でご確認下さい。
場 所Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)
……………東京都港区六本木7-8-9深作眼科ビル1F・B1
……………tel.03-5786-1505
 
(画廊メッセージ)
このたび、Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi では、「井上洋介個展 - 境界 -」を開催致します。
井上洋介氏は、多摩美術大学で「美術」そして油彩技法を学びました。しかし学んでいくうちに「美術」という概念は本来、日本に存在しなかったことを知ったと語ります。
「日本における「美術」とは、明治期に近代化政策の一環として西洋からもたらされた価値観にも関わらず、「美術」が自明のものであると思い込まれていた日本では現在においても日本的美術の概念が曖昧だと。日本的美術の在り方を探るため、西洋における絵画の概念( マチエール) と日本の伝統工芸( 漆芸) を融合させたいと考える様になった。輪島で漆芸作品を観た時、人間技とは思えない繊細さ、その質感に強烈に感動し、このどれもが絵画として大きな可能性を秘めていると直感した。
今展について、西洋と東洋、絵画と工芸、あの世とこの世、生と死。今は2 つに分かれているが本来は1つであったものたち。彼方側と此方側の境目はその2つを繋ぎ合わせる。私は断絶された世界を1つに繋いでいく。」 と…。
弊廊では3 回目となる今回の展覧会は井上の絵画と工芸の融合した独自の世界観の更なる深化をみせてくれることでしょう。
繊細でありながらも力強い筆致、相反するようで密接につながっているテーマを追求する井上作品を、ご高覧頂ければ幸いです。
2022.10.04〜2022.12.26

公募展「いりやKOUBO」 本学在学生・卒業生4名受賞のお知らせ

2022.10.01〜2022.11.27

平塚市制90周年記念展「わたしたちの絵 時代の自画像」

2022.09.18〜2022.10.23

森の美術展 Laboratory of forest art 2022

2022.10.01〜2022.12.25

「テキスタイルのチカラ」展

2022.10.01〜2022.10.14

2022 日本×台湾 現代漆芸交流展